2008年05月28日

1歳半検診

ご訪問ありがとうございます。

今日は,1歳半検診での出来事です。

久々にちょっとイラっときてしまいました・・・。
細かいことをここで書いても仕方がないので,
特に書きませんが,とにかく事務的でマニュアル
通りにやらなければという感じでした。

小さい子供が大泣きしているときに,それを
どうしてもやらせなきゃいけない?と思うことを
次から次へと・・・。

そもそも,大泣きする原因をつくったのが
保健士さんなのですが・・・。

最後の方は,息子がどうしても泣きやまず,
残りが保健士さんとの話だけというところで,
うちの奥様にお願いして,私は息子を抱いて
その部屋をでて,必死に落ちつかる様にし,
最後はやっと落ち着いてくれたのですが・・・。

今回は,話をするのが遅いということで,色々と
言われたのですが,マニュアルでいつまでに話を
するということを決めているのがどうかと。

こういった検診のそもそもの目的って何なの
でしょうか?

何度か行って感じたことは,うちの様に,そういう
ところで言われたことをあまり気にせずにいられる
のであれば良いですが,特に始めて子供を育てる人や
育児を多少不安に思っている人からしたら,ダメだし
されている気分になる気がするのですが・・・。

マニュアルが悪いとはいいませんが,人間はみんな
違っていて当たり前だし,そのマニュアルから少し
はみ出していることを問題視しすぎだと思って
しまいました。
posted by pavois at 02:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!

徒競走が遅い子供に、
早く走れ!
と、いっても????????

幼い時期の健康診断で個人差を追求しなくても?
いいとおもいます。
Posted by ベルパパ at 2008年05月28日 04:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。